忍者ブログ
  管理人・歩く猫 これっぱかしの宝物について。真田丸とネット小説など。ご感想・メッセージは記事付属コメントかページ最下段のフォームどちらでもどうぞ
[112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これはK96さんのwebマンガ+イラストサイト「870R」(サイトは18歳以上推奨)「HANA-MARU」からの二次創作です。(HNじゃいこ)

全26話。第1話はこちら

他のHANA-MARU二次小説はこちらから。

おこさまは よまないでくださいね。

拍手[0回]


大江戸870夜町(18)


 桔梗介がひとりでお山を展開させている頃。
 徒歩組は、ゴネる陽光太夫を引きずりながらまだ夜道を急いでいました。
「遠ーい、疲れたー、休むー」
 一緒に検問を抜けた華宮院の用人衆は、付き合ってられんと先に行っています。
「太夫、あと少しでお山ですから」
「山って、登りー?」
「下りで始まる山なんてないっス」
「あんたくのいちでしょ。どうしてそんなに体力ないの」
「朝晩の走り込みが嫌んなって里を出たのー」
「やっぱ俺が吉原へ連れて帰るか」
「うふふー。今さら戻っても、検問の注意を惹いちゃって逆効果よねー」
「仕方ない」
 工藤は太夫の先に回ってかがみました。
「どうぞ。少しペースを上げますので」
「おんぶ? 姫抱っこがいいなー」
「あんたはこっちよ」
 後ろから太夫を刈り取った劉は、略奪スタイルで肩に担ぎました。
「げほ、下ろしてよー。怪物ー、赤鬼ー」
「誰が赤鬼よ」
 お荷物を荷物扱いすれば、がぜんペースがはかどります。
「なるほど、太もも固めを封じるには、おっ担ぐのが一番でしたね」
 工藤は心おきなく歩調を速め、逆さになった太夫は劉の背中で大きくバウンドしました。
「ゆ揺れる、りゅ劉ぽん、酔うー」
「ちょっと、おかしなとこにつかまらないで」
「だって、丁度いいとこに吊革ー」
「私の六尺ふんどしよ。食い込む食い込む」
 そびえるお山のシルエットを目指して一行はひた走り、沿道の農村では「内股ダッシュの赤鬼にさらわれるよ」と言って子供を寝かしつけるようになったのでした。



 一方、赤鬼に「子供は寝なさい」と言われていた冬成は、「お江戸の歩き方」編集部に戻っていました。
「今日は大収穫だったなあ。まず、将軍は三白眼侍が好き。三白眼は地味近習が好き」
 敬称略で、ホワイトボードに相関図を引いていきます。
「近習は生足くのいちが好き。くのいちはお金が好き」
 矢印はひたすら一方通行です。
「お金で動くのは富山のキース。キースは将軍暗殺犯。暗殺犯は華宮院が保護してる。あれっ。華宮院は殺された将軍の娘だ。どうして親の仇を保護してるんだろう」
 冬成は、劉の真似をして精神を集中させました。
「暗殺は、反抗期の娘が仕組んだものだった……」
 慌ただしくメモをめくると、点と点が線で結ばれます。
「まず、直属である伊賀者のツテで殺し屋を雇う。まんまと父親を消し、実行犯をかくまって捜査を攪乱したら、あとは疑心暗鬼になった政権幹部が身動き取れずにいるうちに、着々と幕府の弱体化は進んで、次代ホモ将軍はご乱心……」
 マジックでホモ将軍→三白眼→の流れを華宮院につなぐと。
「ホモ将軍に追われた三白眼が、華宮院の庇護下に入ろうとしている今、ここに倒幕の一大勢力が生まれる。いけるぞ、このプロット!」
 原稿用紙を出した冬成は、サラサラとタイトルを書き入れました。
「男色一代男(仮)。実名使わないよう気を付けなきゃなー」



「斗貴さま、ちゃんとホモ将軍って言えたかなあ」
 下屋敷でやることもない天音は、とりあえずはなれを掃除していました。
「あ、これ!」
 納戸の奥にあったのは、招き猫型の貯金箱です。
「ねえ、これってお父っつぁんの箱根細工シリーズじゃない?」
「懐かしいニャー。若え頃の内職ニャ」
 猫人形の首輪にはぐるりとプッシュボタンが並んでいて、ボタンには文字が書いてあり、パスワードを設定できるのですが、入力を間違えると内部に腐食液があふれ出し、中の硬貨を溶かしてしまうのでした。
「内職ってレベルじゃないわね」
「凝り性だったニャ」
 中にはいくらか入っているようで、揺するとカタンと音がします。
「納戸の奥でホコリかぶってたのよ。後で斗貴さまにお渡ししようっと」
「天音、ちょっとこっちへ貸しニャさい」
 親方は招き猫を受け取って、ぞうきん絞りにねじるが早いか、ずるんと筒を引っこ抜きました。
「開いちゃうんだ……」
「パスワード忘れの非常措置ニャ。さ、中身をいただくニャよ。今はいくらあっても助かるニャ。おや?」
 筒をのぞいた泥棒猫は、がっかりして中身を振り出しました。
「小汚いかんざしだけニャー」
 そこへ、ばたばたと侍女たちがやって来ました。
「ちょっとお邪魔するわ、天音さん」
「どうかしました?」
「上屋敷へお使いよ。斗貴さまがあちらへ泊まられるらしくて、お泊まりセットをご所望なの。ないと眠れない抱っこフィギュアがあるとかで、はなれを探してみてとのことなんだけど……、あら、これよこれ。招き猫型の」
「ンニャニャ」
 親方が筒を突っ込んで渡すと、侍女たちは慌ただしく出て行きました。
「抱いて寝るほど大切にされてるニャんて、職人冥利に尽きるニャア」
「でもあれ、長いこと納戸にしまってあったっぽいのに……」
 天音は布団に落ちていたかんざしをそっと拾います。
「何だか変よ。これ、すごく大事な物なのかも……」



 空っぽの招き猫を振って、斗貴は声を上げました。
「どうしよう……!」
「どうかなさいましたか、斗貴さま」
「いいえ、何でもありません」
 土蔵の外には見張りがいます。
 斗貴は平静を装い、夜食の重箱をかぱんと開けました。
「どうしよう、貯金箱のパスワードを知ってるのは兄上だけ。兄上が来てしまったのだわ。罠とも知らずに……」
 もりもりとおむすびを頬張って不安を振り払います。そこへ。
「樋口さま! どうかお開けください! 樋口さま!」
 上屋敷の立派な表門をドンドン叩き、呼びたてるのは女の声です。
「ここは樋口さまのお屋敷でしょう! どうか入れてください! ご嫡男が男色どっぷりの樋口さま! 謁見の順番が大名中Cランクの樋口さま!」
 樋口家が大声で言われたくない事実ばかりで、天音はすぐさま中に入れてもらえました。
「こら娘、何のつもりだ。ことと次第によっては無礼討ちも」
「ああ、助かった。追っ手から逃げているのです。吉原から足抜けをしたのです」
「何と」
「知り人の家はどこも駄目なのです。私を捕まえればちょっと嬉しい額の報奨金がもらえるのです。即金でぽんと一両」
「ほほう」
「助けてはやりたいが」
「向こうも商売であるからして」
「素直に戻ればきっと許してもらえるぞ。拙者たちも口添えしてやろう」
 薄給侍たちが天音を説得にかかっている頃。
「ニャア、斗貴嬢さん」
「大福親方?」
 土蔵の小窓に、ぴろぴろと綿毛がチラつきました。親方のロング猫じゃらしです。
 綿毛を追って白い前足が宙をかき、何度目かで窓枠に取り付いた白猫が、プルプルしながら顔を出します。
「頑張って。何だか知らないけど」
「斗貴嬢さん、餌で釣るニャ」
「餌って、ええと」
 おむすびのおかかで根性を見せ、窓を越えた白猫は、首に粗末なかんざしを結びつけていました。
「まあ、これ!」
「どうしても嬢さんに届けるって天音が言い張るもんでニャ」
「そうよ、ちょうどこれが必要だったの! でもどうやって貯金箱を?」
「知らニャい方がいいこともあるニャ」
 かんざしは、錠前開けのピッキング棒でした。
 見張りが門の騒ぎに気を取られたスキに錠を開けた斗貴は、招き猫に布団をかぶせて土蔵を出ました。
「あら、だとすると兄上が来たんじゃなかったってことね」
「お兄上が動きそうな様子はニャかったが」
 大福親方は、桔梗介一行と華宮院が手を結んだ成り行きを知りません。
「最後は実家を頼るつもりなのかもしれないわ。決して叔父上を当てにしないよう、警告しておかなきゃ」
 斗貴はまっすぐ吉原を目指すことにしました。

第19話へつづく!)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
フリーエリア
最新コメント
[07/11 冬木洋子]
[10/21 かめぴー]
[08/02 Tama]
[07/31 連]
[03/03 蓮]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新TB
プロフィール
HN:
歩く猫
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ名を変更しました。
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
Powered by NINJA TOOLS