忍者ブログ
  管理人・歩く猫 これっぱかしの宝物について。真田丸とネット小説など。ご感想・メッセージは記事付属コメントかページ最下段のフォームどちらでもどうぞ
[202]  [207]  [208]  [206]  [205]  [204]  [203
真田丸贋(にせ)補遺「灯火」にお付き合いありがとうございました!
よければ以下はマンガ読後にどうぞ。

照明器具は瓦灯(がとう)というそうです。灯明皿にフタをして、スリットの向きで光量を調節。
こちら実物写真(文化遺産オンライン
源次郎のいない無明を生きるきりちゃんが、灯火のように思い出す一夜であれと思ったりしました。

目次へもどる
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
私も泣きました。
いつもありがとうございます。歩く猫様の大ファンです。何から何まで素晴らしくてドキドキが止まらないです。特に、、、「灯火」(1)の3ページ目の1コマ目の源次郎様の右手と左手の位置と顔の角度が大好きです!(笑)

個人的には、49.5回の1コマ目のきりちゃんの心境が知りたいです。いつかお願いします~。
Tama 2017/08/02(Wed)02:23:15 編集
Re:私も泣きました。
はわー、詳細にありがとうございます!あのコマの副音声は「きりちゃんが悪い男にだまされるー」でしょうかw ドキドキしていただけて嬉しいです。49.5回1コマ目は、もしかしたら「朝未(あさまだき)」「朧明(おぼろあけ)」編をぜんぶ使って、ひとりできりが何を思っていたかを解明したかったのかもしれません。声をかけるまでに源次郎わりと長いこと見てそうですねーw
【2017/08/02 06:17】
泣きました。再び
歩く猫様の描かれる源次郎ときりには泣かされっぱなしです。
ドラマの最初は?だったきりが、すごく素敵な女性になりましたね。源次郎にはもっと早く気づいてほしかったなと思います。
素敵なお話を本当にありがとうございました。

次の作品を期待してもいいですか??
2017/07/31(Mon)22:25:32 編集
Re:泣きました。再び
ふたたびありがとうございます!成長したきりちゃんに源次郎が弱いところを見せられたらいいなと思って描いたので、彼女のいいとこ見ていただけて嬉しいです!二人がともにした人生を振り返ると「ともに視聴した大河」がだぶって、いっしょに遠くまで来たなーとこみ上げますね(泣
次作は形にできたらまたお目にかけたいと思っています。よければお付き合いくださいませー!
【2017/08/02 06:03】
フリーエリア
最新コメント
[08/02 Tama]
[07/31 連]
[03/03 蓮]
[02/28 ちょり]
[02/27 Tama]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新TB
プロフィール
HN:
歩く猫
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ名を変更しました。
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
Powered by NINJA TOOLS