忍者ブログ
  管理人・歩く猫 これっぱかしの宝物について。真田丸とネット小説など。ご感想・メッセージは記事付属コメントかページ最下段のフォームどちらでもどうぞ
[202]  [207]  [208]  [206]  [205]  [204]  [203]  [201]  [200]  [196]  [195
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お付き合いありがとうございました!
よければ以下はマンガ読後にどうぞ。

目次へ戻る


第51回「無明」は章題のみ。源氏の死の時期にあたり本文はないとされる源氏物語「雲隠」にならいました。

第49.5回「朝未(あさまだき)」でそういう描写はしましたが、「物語」以降は男女の関係になったかどうかをはっきりさせないままでも成立するお話にできたかな?と思っています。きりちゃんだけ知ってればいい……。

佐助の遺体すり替えは、「首実検をしたのは信尹公」という史実に心停止ののち一分で蘇生した私の走馬燈です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
泣きました
真田丸三部作、すてきでした。泣きました。
切問、源次郎のセリフに泣き、
土饅頭を掘り返し続けた佐助に泣き、
「源次郎さま」と泣き喚いたきりと一緒に泣き。

きりを包んでいた光はきっとそうですね。
このお話を紡いでくださってありがとうございました。
2017/03/03(Fri)22:20:17 編集
Re:泣きました
ありがとうございます!ドラマでは張り詰めた表情で一心に務めを果たしていた佐助を、泣かせてあげたいと思ったのでした。きりちゃんなら思い切り揺さぶってくれるはず。描きながら私も揺さぶられまくっており、ご一緒に泣いていただけて嬉しいです! 死体を掘り続けておかしくなりかけた佐助にとって「きり様の消息を確かめよう」という思いつきは希望の光になったでしょうね。うう~
【2017/03/04 13:01】
無題
あまりこういうところに感想は書かないのですが、ぜひ書かせてください。
朝から、胸がいっぱいです。
ありがとうございました。
ちょり 2017/02/28(Tue)07:36:26 編集
Re:無題
わーんありがとうございます!分かち合える誰かがいるのは力になりますね。きりと佐助にとっても、私と皆様にとっても~ えーん
【2017/02/28 17:28】
フリーエリア
最新コメント
[10/21 かめぴー]
[08/02 Tama]
[07/31 連]
[03/03 蓮]
[02/28 ちょり]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新TB
プロフィール
HN:
歩く猫
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ名を変更しました。
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
Powered by NINJA TOOLS