忍者ブログ
  管理人・歩く猫 これっぱかしの宝物について。真田丸とネット小説など。ご感想・メッセージは記事付属コメントかページ最下段のフォームどちらでもどうぞ
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
まずはドカドカと感想。思うぞんぶんネタバレ・引用しています。感想はあくまで私の主観的なものであり、ふだん本を読むときと同じ、一回さあっと読んだ読者としての印象です。

9/28追記:結局Bブロックもブログに持ち帰って推理ねりなおし。感想を飛ばして推理にいくなら次の横罫線までずずいとスクロールです。


B-01: その空に神は存在するか
実は人格プログラムだった、という展開がとても好み。
トラブルメーカー「クロダ」がトラブルメーカーであることの理由づけもちゃんとあって、(「彼だけです、自分が人間ではないことに気づいたのは」)気持ちよく納得。
リセットされちゃったラスト「人間は忘れる生き物なのだ。」も好物。
はじめと違って今度は「掃除」をはじめたことにはなにか意味が持たせてあるのかな?

 B-02: 火星の空の下 チャイルドは歌う
パペットたちの動力が、携帯電話になぞらえてある設定がナイス。「省電力モードにはいります。ピキー」とか言ったりするのかな。アンドロイドモエ。
エレベーターでばったり会ったときから、博士もヒースも自分がパペットだと知っていると、エリカは承知していた、という(悪文すみません)事情が、後半で読者に明かされるのだけど、「そうだよ知ってたよ」というきっかけが、もうひとヒネリなにか欲しかったかも。

B-03: 天使の住処
巻き込まれ盗賊。「それはまた、別の話。」このフレーズは私も使ってみたい~。さいごはみんなして盗賊団に!なんだ仲良しじゃん、と(笑)。この世界の魔法使いは、魔法で悪事をはたらいちゃイカンみたいな禁忌にしばられてはいないのかしら。

B-04: 空にいちばん近い場所
心象スケッチ風。このシーンをはさんだ前後にあったのであろうドラマが、ふわふわと空に浮かぶ。

B-05: 空の色
静かな問答。新米死神が人間をまえにして迷いを見せたりするものの、「姿形が変わっても、また会うだろう。それでは駄目か」と、別の生での再会をほのめかしたりして、ラストは自信ありげ。「拒否権」ということばに少し違和感。空という要素のからみかたが少し弱いかも。

B-06  スケア・クロウ
「心なんか、どうやってつぎたせばいいの?」不思議童話。まねのできない語り口、でも、まねしてみたい語り口^^

B-07: 空に咲く花
河野、ヨイです…にまり。童話に恋心をたくしちゃった華ちゃんとタメ張る「夜の恋文」的告白だったね~ん♪眼鏡スキー、空に花咲く万華鏡など、小物が効いていました。

B-08: 空に包まれて
相思相愛っぽい安らぎのなかでのんきにしていたカップルが、関係にいっぺん亀裂が入ってはじめて、相手とはいっさい共通点がないぞ、分かり合う努力が必要じゃねえか?と気づくという、正しい恋愛プロセス♪
ウィルの人柄描写「いつか碌でもない女に引っかかる」が好き。

B-09: ウテンケッコウ。
ちひろ~、えへえへ。(←満面笑顔)ウンチクで口説いてるのに、イヤ味がない。これ大事。
「ニッケルとの合金が高温で燃えながら空から降ってくるんです」すっ、すてきですやんか。あじさい、コランダム、鉄の色など、学者くん語りにドップリ浸る。
心情描写に「~のような」だけではない比ゆ表現がたくさんあって感心。
「冷めてしなびたポテトみたいに、どうしようもない。」「隕石の一つも降ってこないニセモノ。」
「空約束」これはお題の空にかけてあるのかな?たまたまかな?書いているうちにいつのまにか「オ、こんなとこまでかかってた」ってこともたまにありますね~。絵に描いた空の空(カラ)約束。キレイ。
「賞味期限切れの男の始末」「偽物の青空の下」「宇宙色の指輪」好きになった言い回しを列挙してしまいました。
そしてさいごに、タイトル「ウテンケッコウ。」をうっとり眺める仕組みになっている♪堪能しました~。

B-10: 箱の行方
つきもの落としの逆。人間じゃなく、精霊(?)のほうを憑依から解放してやる名探偵、みたいな。からっぽの箱にも感情が。「人の感情など早々、モノに宿るものではない。」と、「だが彼には紛れもなく感情がある。わたしと同じ、モノが命を持った存在。」のあいだに、なにかファンタジーっぽい説明があればステキ。

B-11: 人でなしの恋
そうか、そうか~。MやWに劣等感をいだいている人でなしか~。メールの往復書簡から、絵解きへ。スムーズでした。牧野美奈子さんになにかが伝わって、彼女の寂しさがなにかで解決してるといいな。


ここから推理。

B-01  その空に神は存在するか
■袋小路はまるさんから変更⇒■碓地 海さん
 いきなり消極的理由。分かりませんでした。どこかで私がバクチに走ったシワ寄せです。「君が望む永遠」「星の砂漠」を読み、終わったことを回想するスタンスは04と迷いました。 

B-02  火星の空の下 チャイルドは歌う
■葉山郁さん
 変更なし。当初の根拠は会話の感じ。再読しましたが、一文が息つぎなく長い傾向もここにあてはまる感じ。

B-03  天使の住処
■天城麗さんから変更⇒■茅さん
 「それはさておき」という言い回しがあり、飛びつく。

B-04  空にいちばん近い場所
■恵陽さんから変更⇒■菊さん
 素直っぽいタイトルセンス。でも自信なしです。少し普段と系統が違うとのことなので、よく書かれている学園恋愛ものキャラの位相をズラせばこういう絆になるかなーと。

B-05  空の色
■碓地 海さんから変更⇒■東野アキさん
 「真直ぐ」という表記。ファンフィクションの剣士たちと、ニエバ(ぶっきらぼう+「小さいって言うな」)のセリフ回しが通じる?

B-06  スケア・クロウ
■東野アキさんから変更⇒■天城麗さん
 「プロフェッサー」とだけ呟いて次へ^^

B-07  空に咲く花
■星野莢さん
 変更なし。「とらわれの実」を読んで。ヒロインのカマトトさ?(よ、よい意味で、です。純粋娘。「ドアをあけとく」の意味が分からない華ちゃんとか)

B-08  空に包まれて
■文染アヤノさん
 変更なし。「笑ってよ、コンダクター。」を読んだ野性の勘を再検証したところ、他の作品で「どつく」「噴出す」という単語を採集。「空に包まれて」内では「びっくり」と「吃驚」が混在しているので、変換フェイクの取りこぼしかな?と。地の文に「そう、」が出てくるのはドンピシャ01なのだけど、分かりやすい特徴を消したとのことなので。「エニシ戦姫」の「覚醒」なんて雰囲気は、やっぱり01にしたい感じですが(未練)。

B-09  ウテンケッコウ。
■茅さんから変更⇒■袋小路はまるさん
 他ブロックの推理で、漢字がひらいてあるのは気になるタチ、みたいにおっしゃっていたので、01よりはこちら。推理を読んで推理する。邪道ナリ私。

B-10  箱の行方
■菊さんから変更⇒■恵陽さん
 裏乃さん推理にて、漢字変換に着目する、という推理方法を知る。「此処」「居る」などそういえばナルホドねー!と。(じ、自分でもちゃんと見て回りましたよ;)

B-11  人でなしの恋
■nekoi
 変更なし。nekoiさんをを01に据えられてるかたの推理を読んで、とても揺れとりまして。確かに~「様(漢字)」、「ため息をこぼした(平仮名)」など、表記は01にも引っかかってきます。揺れ~揺れ~。でも結局大穴を狙うバクチ人生。


入れ替えすぎてお名前がダブってそうで怖い。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
最新コメント
[08/02 Tama]
[07/31 連]
[03/03 蓮]
[02/28 ちょり]
[02/27 Tama]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新TB
プロフィール
HN:
歩く猫
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ名を変更しました。
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
Powered by NINJA TOOLS